投資概要/収益モデル

節骨麺たいぞう 総本店 ファサード

独自のシステムで安定した好収益スタイルを確立
フランチャイズ加盟時に必要となる開店資金と、開店後の収益モデルをご紹介いたします。

FC加盟店 条件

■加盟・開業時

加盟金 2,000,000円0
保証金 1,000,000円0
店舗プロデュース費 500,000円
研修費(2名まで) 300,000円
開業サポート費用 300,000円
※別途加盟申込金 200,000円
  • 加盟金
    :『節骨麺たいぞう』の商標及び経営、運営におけるノウハウの提供
  • 保証金
    :食材等の保証金として  ※FC加盟契約終了後返金
  • 店舗プロデュース費
    :店舗開業までのサポート費用  ※設計・デザイン業者との折衝や備品・販促物などの手配
  • 研修費
    :直営店での運営指導(接客・調理全般)
    ※30日間のプログラム。テストに合格した時点で終了。最大で10日間の延長あり。
  • 開業サポート費用
    :開業時の運営サポート(開店前後約7日間)  ※オープン前研修の実施~立ち上げまでのフォロー

■営業開始後

ブランド使用料 180,000円 (月額)

※2店舗目の加盟金は100万円となります

初期投資実績

初期投資実績

FC加盟店経済的メリット
  1. 総投資額が少なくて済む
  2. 店舗取得・改装費の軽減。小規模店で初期費用は抑えられる
  3. 都市型住居立地だから賃料も抑えられる(下記「出店戦略」参照)
  4. 少人数で運営できるから、従業員の確保も安心
  5. 効率的なレイアウト・席数で、生産性が高められる
出店戦略
当社は「都市型住居立地」「都市型商業立地」「都市型オフィス立地」の3つのタイプの立地に出店実績があります。FC加盟店の出店立地は、家賃が抑えられ、競合が少ない「都市型住居立地」を採用しています。 居抜物件にすることで、初期投資を抑えることが可能です。

FC加盟店 収支モデル

ラーメンフランチャイズ加盟 個別説明会のご案内ラーメンフランチャイズに関する資料請求・詳しいお問い合わせはこちらまで
ページの先頭へ